どぶろく(濁酒)

この地域では昔は家庭ごとにどぶろくを作っていました。
現在は、南砺市の2011年からの「どぶろく特区」によってどぶろく作りが可能になり、南砺市内では当店のみがどぶろく作りを手がけています。
原材料は今となっては贅沢なものを使っています。

酒米…自家製の自然栽培米
酵母…「協会酵母901号」「岩魚の酵母」「そばの花酵母」
仕込み水…鴻の貴水

banner_doburoku.jpg

  • 素材へのこだわりと、土地に対する人々の温かな思いから生まれた お米の発酵酒
  • 日本酒の原型である「どぶろく」を、有機農法で作られた酒米と村の湧き水「鴻の貴水」から仕込みました。杜氏の中西邦康は利賀村坂上にある中西家の5代目当主です。
  • 豪快な人柄で一升のお酒をのんでも足りずに「たりんさん」というあだ名の付いた祖父を持つ中西は、「たりんさん」の孫の「まごたりん」と呼ばれました。利賀村と祖先を引き継ぐ中西の思いが今日の「利賀どぶろく まごたりん」を生み出すきっかけとなりました。
  • 内容量…720ml 500ml 360ml 190ml があります。

 

〇 2021年9月より 東京都日本橋 富山県「いきいき物産とやま館」にて展示販売いたしております。

どぶろくオーナーになりませんか?

●田植え・稲刈りも体験できる!

●自分で作ったお米から、どぶろくができる!

まごたりんオーナチラシNO2まごたりんオーナーチラシNO1

詳しくは画像をどうぞ!